再生医療・最先端美容外科施術

再生医療とは=ケミカルなものに頼らず、人間が本来持っている細胞が種となり、根本から再生する、「究極の漢方」「究極のアンチエイジング」とも言える医療です。

この素晴らしい医療技術を世界の方々に斡旋&紹介するのがFYTの役目になります。
美容整形外科とも連携して体の内外共に綺麗な身体づくりをFYTが紹介します。

About images

顧客紹介コンサルティング

VIP人間ドック、女性専門人間ドック

弊社が長年培ってきた中国ビジネスの顧客や中国人富裕層の知り合いから始まり、今では日本の最新医療を必要とする中国人の方々に、最先端医療の人間ドッグや治療を紹介しております。

弊社は各総合病院や医療クリニックをはじめ、美容.健康でも専門クリニックやサロンと業務提携を行い、中国人顧客に最先端医療・美容を紹介しております。世界最新鋭の機器とトップクラスの技術に、高級感漂う清潔なVIPルームで、全ての患者の皆様が満足できる体制でお待ちしております。

再生医療とは?

再生医療とは?=ケミカルなものに頼らず、人間が元来持っている細胞が種となり、根本から再生する、いわば「究極の漢方」とも言える医療です。究極のアンチエイジングでもあり、予防医療を一歩進めた、自己免疫を高め、弱った部位を再生させる、先制医療を実現していきます。

再生医療の現状と展望

再生医療の市場は2050年に38兆円規模へ

「世界で再生医療製品がなかなか承認されない中、日本は一気に制度を変えて早期承認と保険適用を可能にした。それが海外企業にとって非常に大きな魅力になっている」との意見もある、日本における再生医療の現状と展望は明るいと考えられる業界団体の再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)も、海外企業を主な対象とする相談窓口を設けた。日本の法制度の活用方法の説明や、海外企業とFIRMに加盟する国内企業とのビジネスのマッチングなどを行っています。

法改正によって国内外の企業による製品投入が促され、再生医療の普及が進めば、産業としても拡大が期待される。FIRMの会員企業数は3年前の20社程度から123社(3月末時点)まで拡大しています。 製薬会社やバイオベンチャーだけでなく、培地や試薬といった消耗品を作る化学・材料業界、細胞培養装置などを作る機械・装置業界、細胞を輸送する物流業界、再生医療の患者向けの補償制度などを作る保険業界など、さまざまな業界が商機を狙う。経済産業省の推計では、2050年の再生医療の世界市場規模は38兆円、周辺産業は15兆円まで拡大する見通しです。

これまでは「技術で勝ってビジネスで負ける」パターンが多かった日本だが、再生医療に関しては同じ轍を踏むわけにいかない。ビジネスを後押しする法制度が整えられた今、世界との本格競争がスタートしました。

経産省が発表した日本免疫療法の市場予測によると、今後、がんの免疫療法関連の市場がすべての医療分野の中で最も大きくなるだろうと見られています。'20年で950億円、'30年に1兆円、'50年には2・5兆円という具合で市場規模は拡大の見通しです。

About images

再生医療・免疫治療クリニック事業とは?

幹細胞療法や免疫治療 に用いる、脂肪や血液 を採取し、培養センターにて培養された細胞などを用いて施術する、高度な技術と専門性を有するクリニックです。次世代医療として期待が高まる最先端の医療であり、免疫力を上げ、体組織を修復再生し、病気にならない体を目指す先制医療=究極のアンチエイジングです。