幹細胞療法とは?

《脂肪由来幹細胞治療手順》

この治療を月1回のペースで、全6回行いASCを増やします。新しいASCは更に体内でも、増殖を繰り返します。

About images

脂肪由来幹細胞(ASC)とは、 あなたの脂肪に潜むスーパー細胞!

皆さんのお腹の周りには脂肪がついてませんか? 今まで脂肪組織は厄介な存在だと思われてましたが 実は近年、様々な生理活性物質を生産・放出する 大切な内分泌器官であることがわかってきました。 その担い手が、ASCという幹細胞なのです。
ASCは2つのスゴい能力を持ちます。 幹細胞とは様々な組織に分化する事が出来る細胞です。 幹細胞というとノーベル賞を受賞したIPS細胞や ES細胞を思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれません。 この2種類の細胞は人工的に作られたものであり がん化する恐れや倫理上の問題をクリアしておりません。
しかし、ASCはご自身の中に存在する細胞であり、 決められた組織細胞にしか分化する事はありません。 現在、ASCががんを起こしたという症例はありません。

組織の再生能力について

ASCが脂肪・骨・軟骨・筋肉・肝臓などに分化する他、豊胸治療などの場合には、注入した脂肪が死なないようサイトカイニンを放出し、敵じゃない事を認識させたり、血管形成を促したりします。

しかし、この治療の最大の良点は再生力ではありません。

弱った細胞を発見し、治癒する事

ASCは体内に疾患があるとそこをめがけて集まります。そして、サイトカインを放出し幹部を治療するのです。

どこか不調を感じている方、更年期や婦人科系不調、 自律神経不調などの方は、 この幹細胞が不調箇所の修復へと向かいます。

治療の流れ~幹細胞療法

STEP1カウンセリングのご予約

About images About images (WEB・FAX・電話)

STEP2ご来院

About images カウンセリングお申込み
採血もしくは総合検査
高機能画像検査及び総合ドック

STEP3培養上清投与・与脂肪採取(ご来院)

About images 来院 幹細胞採取・再生因子投与(約2.5時間)

STEP4細胞の培養・増殖

About images 細胞の調整培養・増殖(約40日前後)
残りの脂肪の冷凍保存開始(5年間)

STEP5幹細胞投与(ご来院)

About images 幹細胞投与(約2.5時間)
来院(45日後)

STEP6投与後の検診(ご来院)

 
検診のおすすめ来院(投与後90~120日後)



再投与のお申込み

冷凍保存幹細胞の解凍・培養・投与

訪日外国人の方の場合は、グループ受診となります。その際は、グループでインフォームドコンセントを受けて頂き、カウンセリングや施術も、同様となります。

見込まれる効果効能

ASC脂肪幹細胞療法での著効例

C型肝炎 PBC(原発性胆汁性肝硬変) ALS(筋萎縮性側索硬化症) 頸髄損傷(四肢麻痺)
ポリオ(小児麻痺) 肺気腫、掌蹠膿疱症 アトピー性皮膚炎 CKD慢性腎臓病
LOH症症候群(男性更年期障害) LOH症症候群(うつ病併発) 前立腺肥大症 じん肺症
交通外傷(脳挫傷・重度骨折) 熱傷後瘢痕(顔~首) 等々  

 

 

ASC脂肪幹細胞療法での効果が期待できる疾患

アルツハイマー病 腎臓病 脳梗塞 パーキンソン病
歯周病 糖尿病 骨髄損傷 肝臓病
がん 乳房再建 等々